定番商品となった

本格的に商業として取り入れ始めた

びんちょうタンという萌えキャラが生まれでたことにより、やや飽和状態で次なる新しいセンセーショナルな作品が出てこないかどうかと騒がれていた中で、擬人化によって生まれでたオタク業界ならではの萌え擬人化は瞬く間に受け入れられるようになっていった。それこそ以前から同人界隈で擬人化をしては魅力を語り尽くしていた人たちはこぞって躍起になっていただろう。ついに時代が到来したと言わんばかりに、これまでの創作活動に見られないほどの情熱が傾けられていき、商業・同人両業界が共に湧きだしていくことになる。

ただ商業もそれなりに擬人化を商品として取り扱っていこうとする動きは合ったものの、イマイチヒット作品に恵まれなかったと考えられる。後述にて紹介するが、艦これを始めとした斬新すぎる擬人化が出てくるまで、どこかマスコットキャラクター的な部分から脱皮することが出来ないまま、時間が過ぎていく。代わりに同人業界では恐ろしいくらいに話のネタとして活用されては、創作意欲を駆り立てるものとして現在も多くのプロアマ問わずで制作の糧にしている。その点については大いに良しとする、若干やり過ぎ感も否めない作品を畳み掛けることもあるが、それだけ好きだったこそ愛を表現するためにあらゆる取り組みがなされていたというわけだ。

そうした動きの中で萌え要素をたっぷり含んだ擬人化を本格的に雑誌に取り入れていったのが、イカロス出版が現在まで発行している『MC☆あくしず』という雑誌だ。創刊したのは2006年とまさに擬人化に萌え要素が加えられるのが流行していた時期だったこともあったが、内情は半ば暴走から始まったとも言われている。そもそもこの雑誌は派生雑誌と言われており、原点はミリタリー雑誌だったのが年々『萌え』と呼ばれる要素が色濃く雑誌の誌面に出てきてしまったがため、それらを排出するためにMC☆あくしずが誕生したと言われている。

萌えを極めたいあなたへ

きっかけは1つの書籍だった

ミリタリー雑誌と言われると、そこに『萌え』があると認識する人は現代ならではの価値観で語るだろう。これがもしまだ擬人化に萌えが普及する前だったら、ミリタリー雑誌と言われたら間違いなく筋骨隆々とした男性を連想するはず。儚く可愛らしく、そして無駄にでかい巨乳の女性キャラが銃片手に構えているイラストを連想するのは今風であり、当時は汗臭い部分が感じられる雑誌だった。ただそれだと購買層が限定されてしまって売上に影響するとも考えられ、流行りとなっていた萌えを導入して部数を増やしていこうという策が投じられた。

しかしその萌えが付加価値だったものがメインコンテンツへと侵食するまでになったことで危機感を覚えた編集部が何とか軌道修正をと考えた時、とある書籍をきっかけにしてMC☆あくしずの創刊を決意することになる。その書籍とは『萌えよ! 戦車学校』と言われている。この書籍は若年層の軍事ファンを取り入れるために制作されたもので、思いの外評判が良かったことで雑誌としても見込があると判断されたことで、派生雑誌としてその表舞台に出てきた。

当該雑誌、現在でも発売されれば中々好調な売上が出てくるため、書店としても積極的に入荷している。筆者がその系統のショップで働いている時から、入荷すれば次号発売までに完売することもある人気雑誌の一角として中々侮れない商品になっていた。年々売上こそ減っているが、大半の雑誌が休刊や廃版になるなどの憂き目にある中でまもなく9年という時間が過ぎようとしている点を考えれば、大したものだろう。

流行りの擬人化

ペアレンツキャンプ 不登校のお子さんを復学はもちろん、突然親がいなくなっても1人で自立的に活動できるように支援していく、それらを理念に活動を続けております。 支援についても紋切り型の子育て論ではなく、家庭事に合わせた支援サービスが中心となっています。

現在へ繋がる

そうした過程により、いつしか萌え擬人化という手段はオタク業界における常套商品といった位置づけになったといえる。2000年代中盤頃になると戦う美少女的なシンボルも流行っていたことで、美少女キャラが武器片手に戦う姿、つまりはうぽって!!のような作品が多くのファンを捉えることになっていった。

しかしそれでも革新的と表現されるようなヒット作に恵まれていたわけではない、話題性は十分なものはたくさんあったが、いまいち『オタク』というカテゴリーの中で万人受けする作品が出てきていなかった。そうした中で誰がいつそういった作品を作り出して業界を牽引していくかが注目されていた中で、2013年に登場して光のような早さで萌え擬人化というジャンルに革命を巻き起こした作品こそ、『艦これ』という作品になる。

人気アニメについて

まずは、 お客様のお話をしっかりとお伺いし、分かりやすくご説明させて頂きます。高槻 物件ピタットハウス阪急高槻店は無理な営業をしないお客様主体の接客で、 地域住民の方々より長年ご支持頂いています。

萌えと擬人化の遭遇