女性版艦これ的な

刀剣乱舞がヒット中

最近オタク関係の情報を収集していると、良く分からない作品を見かけた。商業ではない、同人方面での検索だったのが、妙に見たことがない和装男子たちを特集した作品が多いなぁと感じていた。その時は気にする程度でしか留めていなかったが、日毎必ず特集されていることに気づき、また同人関係の商材を取り扱っている店舗のホームページを閲覧しても、見たことも聞いたこともない単語が急浮上していることに気づく、『刀剣乱舞』という言葉だ。

女性オタクならご存じの方もいるだろう、とりわけこれはここ2ヶ月ほどで急激なほど注目を集めている作品だからだ。どんな作品かというと、こちらもDMM.comで配信されているブラウザゲームであり、明確に提示されているわけではないが、主なターゲット層として女性の需要を期待している作品となっている。実際、凄い人気だという。公式で発表されたわけではないが、一説によると配信開始が今年2015年1月からなのだが、現在までにユーザー数は既に50万人を突破しているという。この数字、先に話した艦これの2ヶ月で集めた数字のおよそ2.5倍ほど上回っているのだ。

それはまだ知らない人がいてもしょうがないだろうと思う、いくらオタクと言っても情報を常に最新のものへとすり替えているわけではないため、流行りというものをすぐさま見抜けるほど眼力があるわけではないだろう。筆者も先日中旬頃からようやく存在を知ったのであれだが、色々と調べてみるとこの刀剣乱舞もそれは人気がでるだろうという一言だ。何せ現在最も勢いのあるゲームブランドとして名高い『ニトロプラス』とDMM.comがタッグを組んだ作品だからだ。

萌えを極めたいあなたへ

女性向けという定義は一応無い

ニトロプラスといえば何と言っても発表しているゲーム作品の圧倒的な世界観で常にユーザー達の注目を集めている。中でもここ数年で一躍一般層にも知名度を広げたのが、制作に関わった『魔法少女まどか☆マギカ』の存在だ。そんなニトロプラスがついにブラウザゲーム界に殴り込みをかけたのかと調べてみると、どうやら話はかなり前から進行していたという。

この刀剣乱舞はDMM.comがニトロプラスに企画としてやらないかと話を持ちかけたのではなく、ニトロプラスのほうがDMM.comに持ち込んだことで話が進展する。プロジェクトとして立ち上がるきっかけになったのは2013年9月から、丁度世間が艦これに注目が集まっている時期だ。確かな証拠はないが、恐らく艦これの勢いに当てられたと見ていいだろう艦これは女性キャラの萌え擬人化となっているため、女性層には正直そこまで受ける作品ではない。女性という存在が最近特に強く、また女性向けの作品が商業・同人業界を席巻していたため、新たな可能性として企画を持ち込んだことで事態が進展する。

それから2年後の2015年1月14日にて、刀剣乱舞が正式サービスを開始することとなった。女性ユーザーたちは一気に、自分たち向けに作られたであろう刀剣乱舞に注目し、こぞってプレイするために参戦するとその世界観にどっぷりとはまっていく。結果、ユーザー数は先述の50万人を突破したと言われるくらいになった。内容が完全に女性を視野に入れたものといった見方が強いため、あちこちで女性向けゲームと総称されていたが、企画・開発を担当したニトロプラスいわく『女性向けでも、男性向けでもない、どんな作品かはそれぞれのユーザーさんが決めることだ』と発言した。

捉え方で違ってくると言っているのだが、オタク業界では圧倒的に女性向け作品と認定されているので、ここでも一応はそのように捉えておこう。

話として

刀剣乱舞という作品は中世の日本、舞台としては主に戦国時代を彷彿とさせる時代でプレイヤーは『刀剣男士』という戦士たちとともに戦いに身を通じて行くというものだ。女性版の萌え擬人化になるわけで、題材としては日本刀がテーマとなっている。

余談だが、最近書店に行くと何故か日本刀を特集した書籍が数多く置かれていると感じた人はいるだろうか。個人的に大歓迎なので何を買おうか迷っているのだが、そもそもどうしてこんな微妙にマニアックな書籍が何冊も取り扱っているのかと疑問に思ったが、刀剣乱舞という存在に行き当たった時、妙に納得してしまった。乗っかって売上アップを目指そうとする魂胆が見え見えとなっているのもそうだが、最近何かと日本刀を特集した書籍が発売されている。以前から発売されることは合っても、そこまで頻繁に取り扱われているものでもなかった。

それが刀剣乱舞という作品が生まれたことで女性たちは日本刀に興味を示すだろう、そんな願望を叶えるために実際の日本刀を知ればドンドン好きになる、おそらくはこんなところだ。

流行りの擬人化

ホワイトの空間演出専用音楽CDは、著作権の管理をJASRAC等の著作権管理団体に信託していない弊社契約のアーティストによるオリジナル楽曲です。こちらにオルゴールのbgmもありますよ!

艦これ対抗勢力の完成

日本刀に興味をもつかどうかはともかくとして、刀剣乱舞が生まれたことで今年一年は女性オタクたちには新しい萌え要素が生まれた。何せ刀剣乱舞に登場する男士たちが美形ぞろいとなっており、またプレイヤーとなる審神者が絵として固定化されていないため、色々な審神者の姿が想像されている。妄想力を働かせるには持ってこいといったところか。ニトロプラスには女性向け作品を取り扱う部門も存在しているが、開発を担当したのは誰もが知っている部署だ。

ニトロプラスとDMM.comのタッグということでサービス開始前から注目を集め、ユーザー数も現在も増えている。今後は商業展開も期待されているが、同人業界では早くも一大ジャンルとして構築されているため、3月までに開催された主要な同人イベントでは席巻しているという話だ。これによって艦これに対向する勢力として、刀剣乱舞という勢力が加わることになった。

圧倒的な存在感を集めている艦これに刀剣乱舞、うぽって!!から始めた萌え擬人化というテーマがまさか漫画・ゲーム業界の最前線の話にまで発展したかといったところだが、それだけ今は擬人化というのがトコトン熱いというのを知ってもらえたら何よりだ。

人気アニメについて

お問い合わせを頂くたびに必ず最新の空き確認も行っております!吉祥寺 不動産 G・style(ジースタイル)で気になる物件がございましたらぜひご連絡下さい。ご検討中の方からのご相談もお待ちしております。

ホワイトの空間演出専用音楽CDは、著作権の管理をJASRAC等の著作権管理団体に信託していない弊社契約のアーティストによるオリジナル楽曲です。こちらにオルゴールのbgmもありますよ!

萌えと擬人化の遭遇